ずずこちゃブログ ~育児と家計のおはなし~

田舎に住む30代夫婦による二児の成長記録や日々のこと、お得な話、家計について綴っています。

住宅ローンを楽天銀行で借り換える?その3

f:id:zuzukocha:20170112170102j:plainこんにちは、パパ夫です。

住宅ローンの借り換えを検討しはじめて1ヶ月、現在の状況を書いていきます。

本審査の書類の確認

楽天銀行から本審査のための書類が送られてきたので、地元の銀行からの審査結果を待っている間に必要な書類を用意しておこう、と決意して封筒を開けてみると大量の書類。

必要な書類が書かれた一覧表を一通り眺めたあと、そっと封筒にしまいました...

なるほど、これはめんどくさい

とりあえず地元の銀行からの返事を待とうと決意。

 

借入中の銀行との交渉

金利引き下げの審査のため源泉徴収票などを提出して2週間後、地元の銀行から連絡がありました。

『パパ夫さん、うちの銀行のクレジットカードを作ってくれませんか?』

詳しく話を聞くと、我が家の金利はすでにかなり低いので、これ以上下げるのはなかなか厳しい。クレジットカードを作ってもらえれば少しは審査に有利になる、ということらしいです。

クレジットカードを作ったからといって金利が必ず下がるというわけではなさそうなので、丁寧にお断りしました。

 

それからさらに1週間後、ようやく審査結果の連絡がありました。

『3年固定で0.8%しか許可が下りませんでした。』とのこと。

これは借り換え確定だな...と、思っていると数時間後、再び電話がきて

変動で0.775%でどうでしょうか?』

電話を受けたのが仕事中ということもあり検討してみます、と伝えて電話を切りました。

 その後シュミレーションをしてみましたが、やはりまだまだ借り換えのメリットが大きいので借り換えを決断しました。

 

借り換えに必要な返済予定表を再発行してもらいに銀行にいくと、担当さんから

変動で0.75%でどうにか本部の方に交渉してみるのでどうですか?むしろどの程度まで下げたら残って貰えますか?うちの最低金利が0.725%なので、どんなに頑張ってもそのあたりが限界なんですが...』

と引き留められましたが「借り換えするメリットがあるうちは申し訳ありませんが…」と断ると 、奥のテーブルでどこかへ電話をかけはじめました。

『パパ夫さん、いま本部の方に再度電話をかけて金利を引下げてもらえないか確認してみました。まだ残高もかなり残っていますし、うちとしては是非残ってほしいので、うちのいまの最低金利は0.725%なんですが...なんですが、もう少し頑張ってみるのでもう少し時間をいただけませんか?』

ということで、今現在またまた連絡待ちです(´Д`)

 

これまでの流れで思ったのは、おそらくいま現在の最低金利までなら引き下げてもらえる可能性がある、ということ。

こちらが本気で借り換えをしたいという意思を見せれば、多くの銀行が引き止めのために金利の引き下げを提示してくるのではないでしょうか?

特に借り入れ残高が多い、残りの返済期間が長いご家庭は交渉してみる余地はあると思います。

 

楽天銀行に本審査の書類を返送しました

平日に休みがあったので、地元の銀行からの連絡を待つ間にいいかげん本審査の書類を返送しようと、ようやく重い腰を上げて書類の準備を始めました。

よくよく一覧表を詳しく見てみると自分が提出しなければいけない書類は半分程度でした。これならやれそうな気がする。

給料収入のみの我が家が用意する書類は、

  • 借入申込書
  • 個人情報及び個人信用情報の取扱いに関する同意書

これは銀行から送られてきた書類に名前と印鑑を押すだけでした。

  •  長期8疾病就業不能保障特約付団体信用生命保険申込書兼告知書

webで事前に手続きを済ませてあったので必要ありませんでした。

  • 住民票原本
  • 運転免許証コピー
  • 健康保険証コピー

住民票を市役所に取りにいきました。

  • 源泉徴収票コピー
  • 住民税特別徴収税額の通知書

これは会社からもらってあったもの探しました。

  • 不動産売買契約書コピー
  • 重要事項説明書コピー
  • 工事請負契約書コピー
  • 配置図のコピー
  • 住宅地図コピー
  • 検査済証のコピー
  • 火災保険の加入状況が確認できる書類のコピー

これが1番つらかった(笑)

契約書などは全ページコピーが必要なため、コピー、コピー、コピー...コピー地獄。

自宅のプリンターではA3サイズがコピーできないためコンビニで必死にコピーしました。

  • 敷地の登記事項証明書(全部事項証明)コピー
  • 建物の登記事項証明書(全部事項証明)コピー

法務局に初めて行ってきました。

受付のお姉さんに『この書類が欲しいんですが』と一覧表を見せると丁寧に説明してくれました。

多分10分くらいで簡単に用意できました。

  • 現在返済中の住宅ローンの返済(償還)予定表コピー
  • 返済口座通帳のコピー

銀行にいきました。

 

以上が我が家が用意した書類です。

市役所、銀行、法務局といろいろ回りましたが、1日で必要な書類の用意ができました。とにかくコピーがつらかったです。

なんとか本審査の書類を返送できました。

 

今後の予定

地元の銀行からの返事と、楽天銀行の本審査の結果待ちです。

おそらく今月中には今後の方向性が決まりそうです。

地元の銀行が0.65%くらいまで金利を引き下げてくれれば残ろうと思っていますが、楽天銀行に借り換えた場合、8疾病の保障+借入時に前払いしてあった保証料がある程度返ってくると思うので、まだまだメリットはありそうです。

なかなか結論が出ませんが、とりあえず結果を待ちたいと思います。

 

www.zuzukocha.com

気に入りましたらシェアしていただけると幸いです(^^)