ずずこちゃブログ ~育児と家計のおはなし~

田舎に住む30代夫婦による二児の成長記録や日々のこと、お得な話、家計について綴っています。

【レシピ】ハロウィンに作ろう!かぼちゃのクッキー

こんにちは、ママ美です。

今月末はハロウィンですね。

子供のころは全くなじみがありませんでしたが、今ではこの時期どこに行ってもハロウィン感が満載です。

我が家も毎年、夕食をかぼちゃのグラタンなどハロウィンメニューにしたり、仲のいいママ友たちと集まってハロウィンパーティーをしたりしています。

 

そんなときによく作って持っていくのが、かぼちゃのクッキー。

普段のおやつにも作ることがありますが、ハロウィンにおすすめです。

f:id:zuzukocha:20170212082648j:plain

かぼちゃのクッキーレシピ

ハロウィンと言えばかぼちゃ!

簡単に出来るかぼちゃのクッキーをご紹介します♪

f:id:zuzukocha:20171023115147j:plain

材料(15個分)

  • かぼちゃ(皮をむいて)50g
  • 砂糖 20g
  • サラダ油 20g
  • 薄力粉 50g 

作り方

  1. かぼちゃを一口大に切って、ポリ袋に入れ、袋の口は縛らずレンジで1分ほど加熱。
    (レンジによって加熱時間が違うかもしれません)
  2. かぼちゃが柔らかくなったら、袋の上からつぶす。ヤケド注意!
  3. 2の袋に砂糖・サラダ油を加えさらに混ぜる(揉みこむ)
  4. さらに薄力粉を加えよく混ぜる
  5. 成型し、170℃のオーブンで15分焼けば完成!

型抜きにする場合は、袋に入れたまま上から麺棒などで伸ばし、20分くらい冷凍庫で休ませるてから抜きます。


 


 

ちなみに我が家はこのクッキー型を使いました。 

型抜きにせず、コロコロ丸めてからつぶし、スプーンや箸などで顔を付けても可愛いです♪

 

子供と一緒に作りやすいからオススメです

洗い物を極力減らす!!

子供と一緒に作りやすい!!

個人的には、この2つが叶うレシピだと思っています。

 

スケールの上にポリ袋を乗せて、どんどん材料を足していくだけなので洗い物はほとんどありません(^^)

また、クッキー生地をこねる作業を子供にさせると、粉が飛び散ったり、周りがベタベタになったり後片付けが大変ですが、これなら袋の上からなので、口さえきちんと止めておけば散らかりません。

 

 

ただ、爪を立てたり、力を入れすぎたりすると穴が開いてしまうので、そこだけ注意が必要です。

心配な場合は袋を二重にしてみてください。

また熱々のかぼちゃをつぶす工程は、キッチンミトンなどを使ってヤケドに気を付けて行ってください。

 

番外編 紫芋のクッキー

上に貼っている画像の紫の方、実はかぼちゃの代わりに紫芋を使って作りました。

自分でもこんなに発色が良いと思はなかったのでびっくり(笑)

材料のかぼちゃを紫芋にそのままの量で変えるだけです。

 

ただ、サツマイモはかぼちゃより繊維っぽいというかなんというか・・・

使う部分にも寄るかと思うんですが、つぶしただけだと芋の繊維が気になる方もいるかもしれません(私は気にしないけど)

その場合は、ザルなどでこしながらつぶすと滑らかになります。

 

せっかくハロウィンに作るなら、紫のクッキーとかもおすすめですよ(^^)

 

今年も娘ずずと一緒に作ろうと思います。

 

気に入りましたらシェアしていただけると幸いです(^^)