ずずこちゃブログ ~育児と家計のおはなし~

田舎に住む30代夫婦による二児の成長記録や日々のこと、お得な話、家計について綴っています。

うちの娘はあまり欲がない?

こんにちは、ママ美です。

我が家の4歳児・娘ずずのお話です。

第一子だからか、長女だからか分かりませんがあまり欲張らないような気がします。

・・・気がするだけかもしれませんが(笑)

f:id:zuzukocha:20171108130012j:plain

それは「どうぞ」がブームだったときから始まった

1歳前後で「ちょうだい」「どうぞ」がブームの時ってありますよね。

娘ずずも例にならって毎日のように「どうぞ」をしていました。

おもちゃを「どうぞ」と手渡して、また「ちょうだい」ってすることもよくあったんですが、それ以上によくあったのが自分の食べているものをあげること

おやつやご飯のとき、私たちが「ずず1個ちょうだい」というと、ニコニコでくれるんです。

自分の好きな食べ物でも。私たちがもらって食べても怒りません。

むしろ、私たちの頬を軽くたたいて、代わりに「美味しい、美味しい」をやってくれるくらい。

 

第一子だったのでこれが普通かとも思いましたが、そうではないんですね。

1歳3ヶ月になった息子こちゃに同じことをしても、食べ物に関しては一切くれません!!

ちらっとこっちは見ますが気にせず食べます(笑)

 

ちなみに、4歳になった今でも「ずずのちょっと食べる?」とお菓子をくれたりします。

 

つかみ取りをさせてみたら・・・

ちょうど先日、家の近くでイベントがあり、大人は野菜詰め放題、子供はお菓子のつかみ取りができました。

「ずず、いい?あの箱の中に手を入れてお菓子を手でぎゅーっと掴むんだよ?1回だけだからいっぱい掴めるように手を大きく開くといいよ」なんて身振り手振りもしつつ説明をして、ずずの様子を見ていました。

 

穴の部分から中を確認するずず。

おもむろに手を入れ、ニヤニヤしながら引き出すと、その手には大好きな棒付きの飴が1つだけ。

f:id:zuzukocha:20171108125750j:plain

「え?それしか取れなかったの?」と聞いても「ううん、ずず、これが欲しかったの」という返事。

結局、スタッフの人が気を遣って、数個お菓子をおまけしてくれました。

 

 

ちなみに大人は・・・

ずずがお菓子のつかみ取りに挑戦している間、旦那には野菜の詰め放題をやってもらいました。

最初私がやっていましたが、あまりに入っていないのでチェンジ!!笑

旦那がどんどん人参を詰めてくれました。

そして出来上がったのがこちら。

 f:id:zuzukocha:20171106131401j:plain

詰めるだけ詰めた旦那、つかみ取りと言っているのに1つしか取らなかった娘

そのギャップに私と旦那は苦笑い。

 

娘は欲がないというより、優しい子なんだろう

自分の好きなものを人に「どうぞ」できたりするずずは、欲がないというより、きっと優しい子なんだと思います(親ばかですみません)

まあ、つかみ取りで飴1個はちょっと謎ですけど。

 

のんびりマイペースな反面、落ち着きがなかったり、しゃべりはじめたら止まらなくなったり、我が強かったり・・・と手を焼くこともありますが、優しい子に育ってくれて私たちは嬉しいです。

これから成長していく中で、もっといろんな体験をするだろうし、理不尽なこともあるでしょう。

けどそのまま優しいずずでいてくれたらな・・・と思っています。

 

人に優しくした分、きっと人もずずに優しくしてくれるよ。

 

▼ずずの優しさエピソードはこちら▼

www.zuzukocha.com

▼Twitterやっています▼ 

 

気に入りましたらシェアしていただけると幸いです(^^)